• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室(5月25日)


こんにちは。アシスタントの大井です。

今日の初級クラスでは「リンゴが1個木から落ちた・・・」というところからみんなでイメージを作り、話をつなげていってもらいます。前の人の話からきちんと繋がり、次の人に続けられるように考えていきます。そして、今回は遊びをテーマにしている訳ではないので、いきなりの話の飛躍はNGです。

皆さん、普段普通に生活していてもその状況をイメージすることに慣れていないので、まずはそれをキチンと頭の中でイメージができるためのトレーニングです。例えば、1人でりんごの木のそばを歩いていて、そこにいきなり友達が登場することってまずないですよね。一体どんな奇跡だ。こんな所に目の前に友達が現れるって、実は運命の相手なのか?ってレベルですよね。人に会うとしても、普通見ず知らずの人ですよね。そういう風に、本当に日常普通に起こり得ないことは今回のイメージトレーニングとは合わないので却下です。普段、こういう時は人間どういう行動を取っているか、本当に普通の状況をイメージしてもらいます。そうすることで手話のイメージ力の基礎が身に付きます。それと合わせて、ろうの気持ちになって考えてもらいます。このトレーニング大変ですけど、本当にすごく重要なトレーニングです。ここで普段の様子をイメージできるようになれば絶対に後々手話表現が楽になってくるはずです。

あとは、CLやロールシフト、位置関係や細かいところにも気をつけて表現してもらいます。まず、人差し指で人が倒れている様子を表したとします。そうしたらそれに気付いて近づいてくる人が、人差し指と中指の二足歩行ではおかしいですよね。この場合は同じように人差し指で近づいてくる様子を表します。そして倒れた人に気づいて近寄ってくる訳ですから、もちろん屈んで様子を伺いますよね。この際もちゃんと人差し指で屈んだ様子も表していきます。

そして休憩をはさんだ後は、スタッフも交えてリラックスしてのフリートークです。なんせ、今回は本当に大変そうで、皆さん頭から湯気が出ていらっしゃいましたから・・・(汗)が、しかし・・・もちろんCLのお勉強も入ります(笑)みかんちゃんと山家さんの最初の出会いなんかをCLを入れて話してもらったり、電車やバスの席の配置、芸能人の話しなどで盛り上がりました。

みなさん、お疲れ様でした。


#手話教室三軒茶屋 #初級コース