• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 4月10日(水)


こんにちは!スタッフの西島です。

雨の中、みなさんありがとうございます。

やせ我慢して春物のコートで来ましたが、寒い。

突然ですが、みなさんポイントカードって貯めるタイプですか?最近は、美容院とかわりとどこでも扱ってますよね。 HANAIプロダクションでも、ぜひポイント集めてくださいね!

今日の【NA】初級クラスのテーマは「無理に」「無理矢理」「無理強い」です。 「無理」と言えば、人差し指と親指で軽く頬をつねる表現をしますよね。 でも、今回のテーマは口もとで右手の人差し指をひねりながら左へ動かす表現です。 では、これにはどんな文章が合うでしょう? ・彼女の手料理 「どう?」 「う…ん、おいし…い…よ」 「え??なにその表情!無理矢理美味しいって言ってるの??」 我慢して「美味しいよ」と言うのか、「もう少しこう(味付け)したらいいんじゃない?」と言うのか、「不味い!」と言うのか…、今回のように様子を伺いながらも何も言えないのか…、二人の距離と関係性がまだ微妙なんだろうな…と、変にドラマを感じました。 ・本当はジェットコースター苦手なんだよな…。でも、子どもに付き添って乗らなきゃ…。 ジェットコースター怖いけど「怖いの?」って言われると悔しい! ジェットコースター好きの友人と怖がる本人をロールシフトで表現します。少し肩の向きを変えてるだけなのに、全然別人に見えます。自分でロールシフトをチャレンジすると大袈裟に位置を変えてしまうので、見ている方も疲れるし、自分も途中から訳がわからなくなってしまいますよね。 ジェットコースターでは、友人が見ていない時にはガクガク、ブルブルですが、友人に 「怖いの?無理だった?」と聞かれると 「全然!」と無表情に。 笑顔でなく、無表情なところが爆笑です。 ・入社式、眠いよー!でも無理にでも目を開けなきゃ! 入社式なら、まだ慣れてませんから、まさか居眠りするわけにいきませんよね。 「無理矢理」というテーマにばかりとらわれると、ありきたりな、つまらない会話になってしまいます。 「日常生活で考えてみて」とアドバイスをもらい、出てきた例文は面白いものばかり!会話も弾みます。

1週間で1番人数のいるクラスですが、まだお申し込みは可能です!帰り道でも、思い付いた表現を生徒さん同士で相談しながらエレベーターを待っています。上達すること間違いなし!ぜひ体験レッスンに来てみてください!


#手話教室 #初級コース #語彙 #ロールシフト #三軒茶屋