• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】基礎 2月2日(火)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【コミニケーション】基礎クラスは、数字からスタートです。


足し算をしました。

A 51+=19

B 70

と答えていきます。


簡単そうに見えますよね。ですが、手話の読取りと、久しぶりにする暗算は結構難しく、みなさん視線を上や下にしながら考えています。



次は、誕生日いつ?です。


NMSで自然な会話をしていきます。

疑問の首振りは、難しいですよね。最初は歌舞伎やからくり人形の様になってしまっていた生徒さんも、コツを掴んで上手になっていきます。


ベテランさんたちは、身体がブレている事を指摘されていました。つい落語のように身体をよじってしまいたくなりますが体の芯がブレると下手に見えてしまいます。


聴者は疑問の時に「首をかしげる」仕草をしてしまいますが、それだと「そんな筈ないのになぁ、おかしいなぁ」の疑問になってしまいます。


生徒さんがニッコリ笑って首をかしげると、可愛すぎて答えたくなってしまいますが、疑問の時は笑顔ではなく、眉を上げて口をすぼめるのも忘れてはいけません。

次は星座は何?です。


A「あなた(指差し)、星座、疑問の首振り」

B「蟹座」

A「へー」

B「あなたは?」

A「天秤座」

B「そうなんだ」


へー、そうなんだ。が大切なコミニケーションです。同じ星座だった場合は「蟹座」とBさんの答えを聞いた時点で「あっ!同じ!」と答えると自然ですね。



その他に干支、血液型、動物占いを質問しました。


血液型は、参加者11人中、ABが5人、Aが3人、Bが2人、Oが1人と日本人らしくない結果が出ました。


動物占いも懐かしですね。

最後に二人一組で全ての質問をしていきます。


他の手話教室や語学教室のレッスンで、相手が何を答えても自分のフレーズだけを死守して会話が進んでいくのを見たことがあります。

ですが、NA花井盛彦手話教室では、星座は何?に馬と答えてしまった時「馬…?あれ?何かおかしい?」と、きちんと会話として成り立っています。

相手の言葉を聞くこと。そんな当たり前で、一番大切で、一番忘れがちな事もレッスン中に身についていきますね。


みなさん会話のテンポも良く、花井先生の「首振りが歌舞伎みたいだよ」のツッコミに爆笑したり、楽しく笑ったレッスンでした。


今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示