• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】基礎 2月24日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【コミュニケーション】基礎クラスは、家にあるものにまつわる話をしていきます。

「ドライヤーどんなの?」 形を伝えたい時はCLを使います。幾らくらいだった?の幾ら?は手を横にします。

「電子レンジで何を温めることが多い?」 冷凍ご飯、おかず。 一度に5合を炊いて、冷凍しているそうです。お米はつい、水が透明になるまで研いでしまいたいですが、今の時代は3~5回くらいが良く、上手にラップし正しく冷凍すれば、味が落ちることもないんだとか。 おかずの単語は親指を立てた両手の片方を少し下に付けます。お米がメインでおかずは副のイメージですね。

「ロボット掃除機持ってる?」 最近のロボット掃除機は、段差の前から段差に備えて上体を起こしているんだとか…。CLを使っているので、一目瞭然です。

会話の中でも、コミュニケーションクラスは反応を重視します。ドライヤーの値段をウッカリ25万と間違えた生徒さんがいました。

その時、無表情に「高い」としたり、間違えてるんだな…きっと25000円だろうな、と勝手に解釈して終わらせてしまわず「25万?!」と反応することで、「ごめん、ごめん2万5000円の間違い!」とスムーズな会話になります。 ためになる話も多いコミュニケーション基礎クラス。


今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!