top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】基礎 4月11日(火)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【コミュニケーション】基礎クラスは、アルファベットからスタートです。 A〜Zまでを覚えたら、自分の名字をアルファベットで表現していきます。 次は、一人が一人を指名し、アルファベットの単語を伝えます。 「SONY」 読み取れたら、そのイメージを表現します。 TV、音楽、シルバー、プレイステーション、カメラ、ソニー・ピクチャーズ   映画開始前のオープニングで、東宝は放射状に広がる光、東映映画は岩場に荒波が押し寄せてくるシーン、ソニー・ピクチャーズは女神。順序立てて説明するとわかりやすいですね。 「WBC」 野球、大谷選手、優勝、日本一 「NTT」 電話、一番(普及率)、ドコモ 「Amazon」 宅配、口元のロゴ、アメリカ 楽天やそれに似た東急ハンズの手話も学びました。

「NEC」 パソコン、ネットワーク機器(無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 、有線ブロードバンドルーター) データが重いの話題が出ました。重い=スムーズにパソコンが展開しない事を言いますよね。 手話単語で「重い」よりも「画面が途切れ途切れ」等の表現が出ました。 「NHK」 子供向け番組、集金 たくさんのアルファベットでの単語を学びました。 また、話の途中で出てきた「オシャレ」「イギリス」など、知らない人に単語を説明します。 「何チャンネルを見ることが多い?」 この手の質問に考え込んでしまう人がたまにいますが、厳密な答えでなくて大丈夫です。「決まってない」「色々」よりも「4!」だと、4チャンネルで好きな番組があるのかな?と想像できますし、「うーん…8?」だと、強いて言えば8なのかな?と考えられます。そこから話題も広がりますね。 最後は二人一組で楽しくフリートークをしました。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page