• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】基礎 6月4日(火)

こんばんは、スタッフの西島です。


6月4日(火)の【コミュニケーション】基礎クラスは、「ニュースで気になるのどれ?」


今はやっぱり川崎の殺傷事件ですよね。

その後に起きた、父親が「川崎の犯人みたいにならないように」と無職の息子を殺害するのも、ショックでしたね。 その話に関連して「もし息子が引きこもり、ゲーム漬けになったらどう注意する?」をロール・プレイングします。息子役を花井先生が、母親を高校生が! 「ゲームばっかりしてないで、就職を探しなさいっ」 お決まりの文言は言えますが「やだよ」と言われるとその後の注意ができません。

手話だからできないのではなく、言葉自体が思い浮かびませんよね。

私も看護師時代の後輩を注意するのに、効果的な言葉が見つからず苦労したのを思い出しました。


次は花井先生がお父さん、生徒さんが引きこもりの娘役です。

「ゲームばっかりしてないで、就職を探しなさいっ!」お父さんがゲームを取り上げ、バッキバキに壊します。殴りかかる娘。負けじと殴り合いに。「自分で働いたお金でゲームを買いなさい。きちんと行動に移すのなら、いくらでもサポートする。

このままずーっと何もしないなら縁を切る!」 体当たりでぶつかり、「~~をしないのであれば縁を切る!~~するならサポートしてあげる!」と守りつつも選択肢を与える。 体当たりでぶつかった後の言葉だからこそ、なんか愛を感じました。 「人生を変えた言葉」「人生を変えた出会い」大なり小なり誰しもが経験していると思います。


言葉は薬にも凶器にもなります。 手話を知らず、音声言語だけで生きていたら、言葉の威力に気付かなかったかもしれません。 できれば凶器となって相手を傷つけないコミュニケーションを心掛けたいですね。 不適切な叱り方をして、家庭だったら家庭内暴力、もしくはストレス溜まって大量殺人?なんて事もあり得るし、職場の場合は「パワハラ、モラハラ」と言われかねません。 方法や正解は1つじゃないぶん、難しいですね。

手話だけじゃなく人間力も学んだレッスンでした。


  • 201710161717
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂 4-7-3 アルス三軒茶屋 203​
© 2017 HANAIプロダクション