top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】基礎 9月13日(火)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【コミュニケーション】基礎クラスは、西○記です。

猿と僧侶が出会うシーン。 頭に輪っかをつけられます。 僧侶の話し中に、注意力散漫で態度の悪い猿。 あまりにも態度が悪いと「悪人」に見えてしまいます。 悪人ではなく、あくまで「子どもの悪ふざけ」程度の振る舞いを練習しました。 欠伸をしたり、鼻をほじったり、カンチョーをしたり、僧侶の頭巾を取ったり、演技がエスカレートして我を忘れて思わず僧侶が殴りかかってしまいそうになりました。

そして見せ場は「決闘シーン」です。殺陣の様に、実際に至近距離で武器を持って行うわけではないので、防御する方向や倒れる方向にも注意していきます。 そのキャラクターならではの「技」も見どころです。 発表会の練習はどのくらいするのか?と発表会前によく質問されました。通常であれば、何日も、何回も繰り返して練習したいところですよね。でも、「発表会のための練習」の時間としては、あまりとっていません。形だけ、流れだけを頭に詰め込むのではなく、今までの学びや感じたことを出せれば大丈夫です。 発表会では最後を締めくくります。 みなさん、楽しみにしていてくださいね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page