• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】応用 7月17日(水)

最終更新: 2019年7月31日

こんにちは、西島です。


7月17日(水)【コミュニケーション】応用クラスは会話の途中で「ずるい」という単語を曖昧に覚えてしまっている生徒さんに「例えば」で説明していきます。


会話では「殴り合いの喧嘩。こちらは1人なのに、相手は二人」「ずるいね」でしたので、「ずるい」を使った例え話も、つい似たような事例になってしまいます。


思い切って全く違う事例をあげることは、話が別の方向に反れていくのではないか?と不安に思うかもしれません。


でも、自分にも相手にも視野が広がるチャンス!決して難しくなくて良いんです。


「ショートケーキのイチゴ、私は1個なのに、あなたは3個!ずるい」等をあげていきます。


他にも、無視をしたのか?されたのか?殴ったのか?殴られたのか?が曖昧になると、話自体がズレてしまいます。


日本語を思い浮かべて、単語を伝えようとすると「誰が、誰に」が後回しになってしまいますね。

しっかりと区別していく事が大切です。


どのクラスも、雰囲気も良く、日本手話は難しいですが、学ぶ環境としては最高だと思います。

まだまだ間に合います!ぜひ、体験レッスンに来てみてくださいね!


NA花井盛彦手話教室 体験レッスンお申込み受付中!