• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【通訳】総合 4月9日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【通訳】総合クラスは、花井講師が毎日、Instagramにあげている動画についてです。 動画は毎日1分間。 まずは、神様の「面白い話」からです。 見終わった後に生徒さん3人で、内容を確認します。 ありがちなのは、覚えているフレーズだけをコマギレで出してしまうこと。 そうすると、例えば「神様の話だよね」「女好き」「日本の話だよね」と各々がとりとめのつかない説明をして終わってしまいます。 その後の動画「Wi-Fiルーターの位置」や「神奈川県の無人販売」も同様です。 コミュニケーションをコマギレにせず、キャッチボールをしていきましょう。 神様の話では「渋谷」という単語こそ出てこないものの、スクランブル交差点や109が出てきて、渋谷の話だとわかりますし、話に惹き込まれます。 Wi-Fiの話では「水槽」が出てきますが、それを説明する時に、四角(□)にしたり、底が空いていたり。「水槽」だったら天井が開いた(開く)入れ物です。そうした細かい事も重要ですよね。 無人販売の話では、神奈川か立川かで読み取りが分かれました。生徒さんの一人が「神奈川…だと思う。山々と田舎だし(神奈川は場所によっては田舎)」と。迷ったら前後のフレーズを見るのも大切ですよね。立川も閑静ですが、「山々」となると立川では無さそうです。 今は動画で色んな人の日本手話を簡単に見る事ができます。 ろう者が配信している動画でも「シナリオやカンペを読みながら撮影してるのかな?」 「何で右に目線をやったんだろう?今の話と関係ないよね?」と気になる動画の方も割といますよね。 花井先生の動画は、無駄な動きや雑音(雑な動き)がないので、とてもわかりやすいです。 ですが、やっぱり「じゃあ、説明してみて」となると、上手く表現できません。 見るだけでなく、真似するだけでもなく、要点をまとめて自分でも表現してみる。 そうすることで、必ず上達しますね。 今日から約3ヶ月間。よろしくお願いします。


★ Instagram 手話アーティスト 花井盛彦 ★



読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示