• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【通訳】総合 7月17日(金)

こんばんは。キャストの麗亜です。

本日は【通訳】総合クラス(対面レッスン)に参加させていただきました。


まずは世間話をした後…

スムーズと言う手話はどうやりますか?と先生に聞かれました。人差し指で頬を上から撫でますが、掌の人差し指側をつけて頬を撫でスムーズを表現する方もいますね。人によって表現はまちまちです。まちがいと言うことは無いようです。また日本でも都道府県、地域により手話が違うと言うことでした。また、「旅行」の手話も「遊び」と「列車」を合わせて旅行を表しますが、「列車」だけで通じるようです。


そして、代表と言う手話表現。代表の他にリーダーと言う意味がありますよね。しかしまだまだあるそうです。例えば・・野球チームの中で一番秀でている人!また会社の課の中で一番出来る人!さて、これはなんていう言葉で表現したら良いのでしょう。。散々考えましたが、みんな分かりませんでした。

答えは「エース」…なるほどですね。通訳になるには手話単語1つにつき沢山の言葉で表せる様にならなければなりません。また、いろいろな事をテレビやニュースを見て知ることも必要だそうです。


本日は女性がばかりと言うこともあり、野球の球団名を知らない人ばかり。。手話とジェスチャーを交えて球団について話をしました。


また、戻りますが、今度は、真面目と言う手話表現が他にはどんな意味があるかを話しました。「素直」と言う意味もありますよね。それをジェスチャーを交えて表しました。みんなで話し合うと、もっともっと深く沢山の勉強になり覚えやすくなるから沢山話しましょうと先生は言っていました。

他の意味では正直。。他には何がありますか?考えてみてください!


また日本では「くだらない」という単語でも韓国では「信頼する」という意味だったりするそうです。先程も言いましたが、地域によっても表現方法はまちまち、諦めずに聞いて工夫してコミュニケーションを取りましょうということでした。また文化の違いもありますよね。ろう者にありがとうの意味で「すみません」と表現すると謝る必要ないよと言われてしまうそうですよ。

とにかく手話単語に拘らず、工夫して表現することが大切だと言ってました。

これからも頑張っていきましょう!


お疲れ様でした。


読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^