top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】ステップアップ 3月9日(木)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】ステップアップクラスは、CLです。 CLは手話の一番基本的な部分を作っているといわれています。 物の形を表す名詞にもなるし、重いや軽い等の形容詞にもなるし、動作・行動を表す動詞にもなります。 CLでスポーツをテーマに会話をしました。 例えば、サッカーのオフサイド。 攻撃の選手との間に守備の選手が1人しかいない場合オフサイドとなる。 攻撃の選手が守備側のゴールラインから2人目の守備選手よりゴールラインに近い位置にいる場合オフサイドとなる。 言葉で言われてもわかりにくいですが、CLで説明すると理解しやすいですね。守備と攻撃の攻防戦が目に浮かびます。 他にも、野球のボールがバットのどこに当たって、どういう軌跡で飛んだか等も話していきました。

最後は生活の中での話もCLで盛り上がりました。 空気清浄機やスライサー。構造や使い方も文章よりわかりやすいのはもちろん、図や絵よりも魅力的に紹介できます。 CLが参考書に載らない理由の一つとして「人の数だけ表現方法がある」のが原因かな?と思います。 第一言語が手話のろう者でも、現役の手話講師でもCLが苦手だったり、あまり魅力的に感じなかったり。 一方、聴者で魅力的なCLを表現する人もいます。 聞こえる聞こえないに囚われず、惹き込まれる様な魅力的な表現を見て、参考にして、自分はどうなりたいか?を考えるのは、手話学習をする上で重要です。 ぜひ、間近で魅力的な花井講師の表現を見てみてくださいね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page