top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】ステップアップ 5月30日(木)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】ステップアップクラスは、CLでした。


鳥が飛んできて、ネズミを掴みます。

つい、自分の目の前の空間で、定点カメラのようなカット割りで表現してしまいます。

CLに限らず、ロールシフトも手話全般に言えますが、カット割り一つで、もし間違えると主語がめちゃくちゃになりますし、上手くできれば退屈な話しではなく、惹き込まれる表現になります。


鳥がネズミを掴んだときに、片手は鳥の羽根のままで、片手は鳥の足になって掴みました。

これだと見方によっては2羽いたように見えたり、違うメッセージがあるのかも?と誤解されたりするかもしれません。


全体を一方向から映そうとせず、飛んでくる鳥は引いたアングルで、掴む時はアップになって鳥の足と掴まれたネズミをメインに、掴まれてバタつく場合は鳥は映さずにネズミをメインに…何にどうやってズームしていくのか、「魅せ方」が大切ですね。


NA花井盛彦手話教室では「CLでストーリーを作って」とテーマも生徒さんにお任せすることが多くあります。


ロケットに乗って(手を使う、全体を映す)地球を見下ろす。(実際に自分が見ている感じ)

月に降りて(実際に自分が降りた感じ)無重力の中で歩いていく(手を使う、全体を映す)


ストーリーは簡単で良いですし、CL向きなものをサッと思いつく瞬発力も求められました。


今日もお疲れさまでした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page