top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】ステップアップ 8月18日(木)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】ステップアップクラスは「語彙」です。 例えば、参考書には 左手を開いて、曲げた右手の人差し指と中指の指先で左手の甲をトントンと叩く これは「診察、診療、受診」と載っていますが、 もっと、その人(物)を知りたい時等にも使います。 「詳しく探ろう」みたいな感じですね。 「ガソリン」の単語も、自分の口や胸元に向けて入れれば、「エネルギー補給しなきゃ」みたいなニュアンスにもなりますよね。 これらの単語が出たときに「病院に行ってきたの?!(何の脈絡もなく何で病院の話に変わったんだろう??)」「??ガソリンを飲むの?!」と思ってしまう人は結構います。

「注射」も表現する位置や文脈、NMMで「洗脳」や「病みつき」とも読み取れます。 これも「注射したの?」と思い込んでしまうと、会話が成り立ちませんね。 「鍵」はドアだけでなく、喉の位置で閉めれば「喋らない」事を意味する「喉のロック」にもなりますし、心のスイッチ、身体のスイッチを入れる表現(解錠する)にも使われます。 日本語に縛られて手話単語を並べるだけでは、細かいところを伝えたり、ちょっとしたニュアンスを共有するのが難しいですよね。 語彙力や表現力を高めるレッスンは難しいですし、あまり教えてくれる講師はいないと思います。 そして、色んな表現の仕方を覚えることで語彙力の高い魅力的な手話を習得できますね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page