• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門/初級 1月20日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、体験レッスンの方をお迎えしてスタートです。 手話を間近で見るのも初めての生徒さん。完全声なしレッスンに戸惑います。 みなさん、最初は戸惑いますが「レッスンの流れ」を読み取るのも「レッスンの一つ」 数字の練習の為にみんなで表現?一人ひとり練習?など、今なにをしてるんだろう?と流れを掴んでいきます。 相手が目の前にいる「対面レッスン」の場合は、誰かに話しかける時に、その人に向かって「ねぇ、ねぇ」とするか、指差しをして、誰に話しかけているかの区別をしますが、リモートの生徒さんがいる場合は名前を呼んでお互いに目と目を合わせることから始めます。 数字は8までは指は開いていますが、9は指を閉じますね。 細かいところも指導が入ります。 特に10〜は、一度折った指を無意味に伸ばしてはいけません。 「12」を「10…無意味に人差し指を伸ばして…2」だと「11?…2?」と読み取れるので注意しましょう。 最後のテーマは「動物」です。 「犬」を身振り手振りで表現するのに「頭に立てた耳、ひげ」を表現しました。 それだけだと、猫、オオカミ、キツネ…色々と考えられますね。 他の特徴を聞くために「大きさは?耳はどんな形?」と聞きますが、首を捻ります。 犬は種類が豊富で、柴犬とダックスフンドでは耳の形も大きさも違うので答えられなかったんですね。 花井先生から「吠える」「首輪で繋がれてる」のアシストがあり「犬」だとわかります。

【NA】初級(35分クラス)は、日本各地から生徒さんが来てくれています。

今日はたまたま「静岡県」と「山梨県」の生徒さんがいました。

「富士山の取り合いをしていて仲が悪い」ライバルみたいなイメージがありますよね。 どっちが好き?と答えていきます。

静岡県は鮮魚やお茶が美味しくて、山梨県は葡萄やワインが美味しい。 どちらも五分五分でした。

地元愛を普段感じていなくても、自分の地元が褒められるのは嬉しいですよね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示