• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 1月11日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、数字からスタートです。

生徒さんが一人づつ「1、2、3…」とリレー形式で順に表現していきます。 手話学習が初めてだと、突然始まる(花井先生から順番の指名や手話での説明があります)数字のリレーに戸惑いますが、順応性や柔軟性を発揮し、状況を読み取っていきましょう。 焦らずに見ていれば、難しすぎる事はありません。 こういう事かな?と想像したら、周りを見て確認していく。 声での情報がない世界は、見たもの、感じたものがとても重要です。 次は「食べ物」です。 包丁を沿わせて皮を剝いています。何等分かにカットして口に運びます。硬くはないけど歯応えはありそうです。→りんご その物の形だけでなく、性質も捉えていてわかりやすいですね。 両手を使って円形の筒状に丸めます。方角をキョロキョロして、一定の方角に向いたら一気に食べ始めました。→恵方巻き 次は「どっち?」です。 自転車とバイク。 バイクに乗った事のない人は、ハンドルでのアクセルのふかせ方を知りません。 私はずっと手前ではないほうに捻っていました。 今回は両手で捻ってしまいましたが、相手は想像し「バイク?」と質問します。 バスと電車。 バスを身振り手振りで表現する場合は、時刻表を見る所から始める人が多いですね。 時刻表は視線が少し上か同等の位置にあるのに、上の方を見てしまいました。 今日のレッスンも、見たものを正確に捉えて、形だけでなく質感やその時の状況等を伝えています。 また、手話に大切な方向や位置等も、その都度確認したり、アドバイスを受けられるので、間違えたまま覚えてしまうことがありません。 入門クラスでも自然にこんなに習得できるので、上達が早いのも納得です。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示