top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 1月12日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、「固い」からスタートしました。


「親指と人差し指のみ軽く曲げて、右から左へ力を入れて動かす」

固いだけじゃなく、色んな意味があります。


同窓会、みんな変わったなぁ(一人ひとり太ったり、痩せたり、お腹が出たり…あれっ!君は変わらないね)

一人ひとりに太った、痩せた…と感想を言ったあとに、この単語が出ると「昔のまま=変わらない」かな?と想像する事ができました。


地震があったけど、家も家族も大丈夫だった

「大丈夫」という単語よりも、誰一人、何一つ変わらなかったよ…という現状が伝えられます。


風邪引いたことないの?丈夫だね

タフだね!と訳してもいいかもしれません。

例題が褒める時に使う事ばかりあがってしまいましたが、ポジティブな事だけに使う訳ではありません。良い、悪いや弱い、強い等に関係なく、「相変わらずゲームにハマってるの?(病みつき)」等にも使われます。

表情を見ると「相変わらずだね」と少し呆れたような言い回しに感じました。


ここで「病みつき」というろう的手話表現も出ました。


薬物中毒の様に、注射器を動かす仕草をするので

「薬なんてやってないよ」とか、「病院には行ってないよ」と返答してしまう人もいますが、重くも軽くも「病みつき」の時に使うので「このお菓子、美味しすぎて毎日食べてる」なんて時にもピッタリですね。


週末のクラスは学生さんが多く、可愛く美形の中学生に大人の生徒さんは同性でも緊張します。


フリートークで緊張を和らげました。

相手の立場になって質問を考える事はコミュニケーション上達の一歩。イマドキは「こんなこと聞いたら嫌かな?」「◯◯ハラスメントにならないかな?」と心配になる気持ちもありますが、それも「相手の反応を見て、相手が嫌そうな話題は上手く回避したり言い換える」も大切なコミュニケーション技術。学校の話題や旅先のお菓子の話題で盛り上がりました。


今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page