• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 1月30日(土)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは数字からスタートです。 ただ表現するだけでなく、直した方がいい癖や、手の形や向きなどもアドバイスしてもらえます。 綺麗に表現する事で相手は見えやすくなりますし、真正面以外の人も読み取れます。 「綺麗に」はとても大切ですよね。相手だけでなく、自分のためにもなります。 喋り方と一緒で、その人の人柄や立ち振舞が出ます。 NA花井盛彦手話教室にはいませんが、とてもカワイイ人なのに、手を乱暴に、適当に動かしている人を見たことがあります。きっと教わった講師がそういう表現だったのか、どう見えるかまで気にしてもらえなかったのか、気の毒に思いました。 次は「食べ物」です。 身振り手振りで表現します。 スイカ、レモン、キウイ、おでん、貝、梅干し、納豆、オニギリ、ピザ、もち、トウモロコシ。 まず形や食べ方。色や味の感想。工夫をして伝えていきます。 「貝」は色んな種類がありますよね。「牡蠣」と答えたので、「ううん」と首を振り、お湯の中でパカッと開く表現をしました。 アサリ?いや、しじみ?悩みますが「貝」が正解でした。 今日は10人の生徒さんでした。対面とリモートで5人づつ。 リモートの生徒さんが見えやすい様に、発言している対面の生徒さんを大きく映したり、リモートの生徒さんが読み取れなかったかな?と思った単語を、見えやすい様に同じリモートの生徒さんに繰り返す様に指示したり、花井先生はフル回転で10人全員を指導します。 誰も置いていかず、全員に配慮するのは至難の技のはず。さすがだなと思います。 笑い声の絶えない楽しいレッスンでした。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示