• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 10月15日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、数字からスタートです。 ただ数字を覚えるのではなく、みんなで繋げていきます。みんなの名前も繰り返す事で覚えられるし、スムーズに表現できますね。 数字を覚えたら 「あなたの誕生日いつ?」です。 「指差し(あなた)、生まれた、疑問の首振り(いつ?)」 NMSを使って自然な会話をしていきます。 今期は友達同士で一緒に来てくれている大学生さんが多いのですが、そのうちの二人が全く同じ誕生日。凄い偶然ですよね。 「えっ!同じ!」のリアクションも学んでいきます。

次は星座です。 「星」の単語を知らないので、最初は「なんの事だろう?」と考え込みますが、わかっている生徒さんの「獅子座(ライオン)」「蠍座(蠍)」ときて、星座のことかな?と気付きます。 「犬(干支と思った)」と答えた生徒さんには「誕生日いつ?」と質問する事で「誕生日にかかわる」事だとヒントを出します。 最後に「お疲れ様」「ごめんなさい」「ありがとう」を学びます。これも単純に単語を学ぶだけではありません。 「お疲れ様」は、挨拶の時に使います。友達と目上の人とでは目線やリズムを変えていきます。 参考書には「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」と、それぞれの単語が載っていますが、花井先生は挨拶の時は「よっ!」と手を挙げるか「お疲れ様」の表現をします。 「よっ!」と手を挙げるのは、国際手話での挨拶と同じですね。「朝、指同士がペコリ」の挨拶よりも相手に向けて発信している感じが好感を持てますし、何より手話を知らない人にも伝わるのが良いですよね。 「ごめんなさい」は音声では「すみません」という日本語で「ありがとう」の代用をしてしまいますが、感謝の時は「ありがとう」謝罪の時は「すみません」を手話では使っていきます。 同じ様な意味では「失礼します」と入室時等に使いますが、これも手話での「失礼(非常識)」という単語は使わないので注意しましょう。 「ありがとう」のリアクションの練習です。 「これ、どうぞ」 「えっ!私に?ありがとう」 このやり取りを練習していきます。 実際にやってみると、わざとじゃないのに、笑える程にアッサリしている人がいます。 手話は言語なので手だけを動かしても意味がありませんね。 気持ちを添えて表現する基本を学びました。

【NA】入門(35分)クラスはCLです。 誰もが知っているキャラクターをCLで表現して当てていきます。

ドラえ○ん、オ○Q、ピ○チュウ、スパイ○ーマン… 姿かたちだけでなく表情や仕草も表現します。 表情や仕草が乏しいと、もみあげと服装だけでは、ルパ○三世とゴル○13の区別も難しく感じてしまいます。 特徴を捉える事で、見る力や想像力等も養えますね。 今日もお疲れ様でした。



読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示