top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 10月16日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、数字の後に空書を読み取りました。 読み取れたら、身振り手振りで表現して最後に手話単語を覚えます。 でんき、みどり、かがみ、ねこ、くるま、うなぎ、うま たんす 形をCLで表しました。紙のような薄い物は指で、タンスは厚みがあるので手全体で表現しましょう。 わいん 赤ワインは実際は紫に見えます。 日本語にはこだわらずに、見たままを伝えるろう者もいるかもしれません。 もし、実際にレストラン等で手話で誰かに「紫ワイン」と言われても「紫ってなに?!」と思わずに対応しましょう。 次は、Aさんが1つのテーマを決めて、そのテーマを知らないBさんと身振り手振りでやり取りをします。 丸い感じの乗り物が複数、ゆっくりと円を描くように一周します。 「観覧車」と答えましたが、出題者は「遊園地」をイメージしていたようです。 「遊園地」の場合は、観覧車に限らず「そこにジェットコースター」「こっちはティーカップ」「その隣にメリーゴーランド」「あっちにお化け屋敷」と場所も一緒に表現しましょう。 ここでもう一つ、ありがちなのが出題者のAさんが観覧車を表現したら、ただそれを真似して「ああ!観覧車!」「そこにジェットコースター」「うんうん、わかる!ジェットコースター」と繰り返して終わってしまう事です。 Aさん、「観覧車」「そっちはジェットコースター」 Bさん、「(遊園地だな…)ティーカップ?」 Aさん、「そうそう!あっちにお化け屋敷」 繰り返すだけではなく、お互いがイメージするものを擦り合わせるのが大切ですね。 そうするうちに「それはディズニーランドだな…私が言っているのは一般的な遊園地だから、ズレたな」と自分の力で気付いていきますね。

次は Aさん、脇に抱えて走る Bさん、???あっ!ガッチリ体型で首が太い Aさん、そうそう!前にパスはダメ、後ろにパス。 Bさん、太めのヨコシマシャツ Aさん、五郎丸ポーズ ラグビーですね。 ステージの上で歌ったり、踊ったり。 これもアイドル?演劇?舞台? 手話単語に拘っていると、その単語が通じなかった時に伝える術をすぐに思いつきませんし、ニュアンスも伝わりにくいです。 手話単語と身振り手振りを使い分け、柔軟に考えていきましょう。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page