top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 10月7日(土)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、まずお互いの名前を覚えていきます。 花井先生から「あなたのお名前は?」と聞かれた時「私の名前は〇〇です」と答えるのは、もちろん間違えてはいないのですが、これが音声での会話だとしたら、「私の名前は」とわざわざ言いませんよね。 「あなたのお名前は?(あなた、名前、NMM)」 「〇〇です(ですは単語ではなく、表情やNMMで)」 もしくは「私は〇〇」でも良いですね。 そして、相手の名前を覚えた時に「(日本語では)何て言うの?」が気になるかもしれません。 ですが、ここでは「日本語を頭から捨てる」方が上達は早いため、日本語読みに囚われずに柔軟に覚えていきます。

次は2文字の空書です。 いも、そら、いぬ、さる、ふね、くつ、ゆか、ほし、くろ、ゆび… それぞれの手話単語や、身振り手振りも表現していきます。 声の場合、聞き取れなかったら「ゆっくり大きく」やり直しますが、空書はバランスとリズムが大切。ゆっくり書いてしまうと「ろ」は「う」に見えたり、少しでも傾くと「ひ」は「て」に見えてしまいます。 そして大きく書くのは遠い相手の時のみです。相手と自分の位置に合ったサイズで書きましょう。 数字を練習したあとは、位置と方向でした。 6人並んでいる3人目の頭のすぐ後ろにある物は? 左の壁の手前にある物は? 6人は指を6本並べて、壁は手で表現していきます。 向かい合った人と、隣り合った人、座っている位置によっても表現する角度が違ってくるので注意が必要です。 文章では説明しづらいこのレッスン。もちろん参考書でも学べません。ですが、手話には必須の「あっち、こっち」をマスターできます。 NA花井盛彦手話教室ならではの学びですね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page