top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 11月15日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、先週の続きで、手話を勉強するうえで大事な単語でした。 ①イメージ②想像力③考える力④気付く力⑤表情⑥もう1回⑦リズム⑧間⑨強弱⑩手話⑪口話⑫漢字⑬日本語⑭日本手話(ろう的手話)⑮日本語対応手話⑯数字⑰英語⑱単語⑲テーマ⑳基礎、基本㉑意味 先週学んだ単語も、手の角度や指の伸ばし方など、間違えていたり、変な癖がついてしまっていないか丁寧に復習しました。

続きは ㉒例えば㉓ヒント㉔工夫㉕区別㉖流れ、あらすじ それぞれの単語を説明して、全員が理解をしていきます。 全くわからない時も、「わからない」で終わらせずに、何かを発言してくれると、何と間違えているのか?では、どうやって説明したらいいのか?の目安になるので、積極的に発言をするのが理想です。 「ヒント」を「わからない→悩む→お願いする→ちょっと聞く」と説明し「ああ!わかった」だけで終わらせてしまうと、本当に伝わっているのかわかりません。 「ああ!わかった。答えがわからなくて…最初の一文字だけ教えて!…でしょ?」と答えると、きちんと伝わっている事が確認できますね。 普段、工夫していることは? ◆仕事で高齢者が多いので、段階を追って、わかりやすい説明を心掛けている。 ◆冷蔵庫の中身を見て、無駄がないように料理している。 ◆小児科で注射を怖がる子どもに、キャラクターで気を紛らわせるようにしている。 今日のどの単語も、コミュニケーションに必要な意味を持つ単語ばかりですね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

تعليقات


bottom of page