• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 11月6日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。

【NA】入門クラスは数字です。

「このメガネいくらだったと思う?」教室中にあるものの値段を当てていきます。 「そのストールいくら?」 「2500円」

ここで会話は終わらせてはいけません。キャッチボールを楽しみましょう。

この時2500円と聞いて「もっと高く見える」と言いたかったのを「高い」だけを表現してしまいました。「2500円もしたの?高いね」という逆の意味になってしまいます。「見える/高い」や「安い」と表現しましょう。

「そのセーターいくら?」 「1000円」

この時も「高く見える」だけで終わらせずに、もっと会話を楽しみます。

「えっ?1000円?暖かい?風通るんじゃない?」

「洗濯したら縮まない?」


この質問で 「全然、平気!だって本当は10000円くらいするのを90%オフのセールで買ったから」と、質問をしたからこその新事実も出てきます。


このキャッチボール、人によっては「10000円。でも、1000円で買った」と値引き前の値段を、まず答えてしまう事が多いんじゃないでしょうか?もちろん間違えていません。


ただ、入門クラスでまだ手話があまり得意ではないのであれば、今回の生徒さんの様にまず質問に答える。その後に追加の情報を入れる。その方がわかりやすくて誤解が生じませんね。

数字は練習あるのみ。慣れることが必要です。

NA花井盛彦手話教室では、手話初心者さんも早い段階で綺麗に、正確に数字を表すことができます。


それは、単に数字だけをひたすら練習するだけじゃなく、より身に付くように会話形式にし、生きた手話を学べるからです。

頭と身体を使って自然に慣れる。楽しいレッスンでした!

今日もお疲れ様でした。


  • 201710161717
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂 4-7-3 アルス三軒茶屋 203​
© 2017 HANAIプロダクション