top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 12月11日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、CLでした。


相手の名前を忘れてしまったら、CLで特徴を示します。

「首元がスッキリのショートヘアでタートルネックの人」

「眼鏡をかけていて前髪を右側に流している人」


全てをCLで再現しようとすると、受け取る相手は混乱します。

情報は量より質。

1つ〜2つの、その人ならではの特徴を出していきましょう。


端的に特徴を表す練習をしました。

誰もが知ってる有名人(キャラ)を二人一組で出していきます。


一人が情報を1つか2つ伝え、相手は答えを言う前に、もう1つ情報を出して確認していきます。


手を十字にするポーズ、胸元がピカピカ→ウルトラマンかな?と思い「3分?」と質問。


片目が隠れたボブヘアー、太めのシマシマベスト→鬼太郎かな?と思い、「お父さんが目玉?」


出っ歯、痩せてる(頬がコケてる)→

この情報だと相手は「フードを被ってる?」とネズミ男と勘違いしてしまいました。痩せてるというワードが病的なネガティブな情報になってしまっています。

明石家さんまさんでしたら、「喋る」や「大袈裟に身体を前後させて笑う」等が良いかもしれません。


最後は、誰もが知っている絵本の要点を出しました。


ハイヒール、0時→シンデレラ

お坊さん、橋→一休さん

木、撒く→花咲かじいさん


今日のレッスン内容を続ける事で、

手話だけでなく要約力も身につきます。

「結局、何が言いたいのか?」を明確、かつ簡潔に伝えられれば、日常のコミュニケーションはもちろん、仕事でも損することはありませんね。


今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page