top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 12月14日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは「場所」です。

対面組とリモート組、グループに分かれて「場所」の単語を一人5個以上出します。 単語がわからなければ、CLや身振り手振りも使いますが、その表現で相手に伝わるのか?誤解を招く間違えた(曖昧な)表現をしていないか?お互いに見て注意し合うのが理想です。 例えば、二本の指を使って「泳ぐ」を表現しました。それだと、海かプールかわかりません。「海?」と質問される事で「ううん、建物の中」と答え、海との区別をしていきます。 その他にも、「花、見る(選ぶ?)」と表現しました。「買うの?見るの?」と質問して「植物園」と「花屋」の区別が大切なことに気付きます。

教習所と免許センターは、「運転の練習、免許を貰う」では、教習所ではありません(教習所は、試験が受けられるための場所であって、免許を発行はしていない)し、免許センターは、基本的には、車の運転をその場所でするわけではありません。 警察署、拘置所、交番、警視庁。図書館と本屋の区別も学びました。 免許を取るために通うんだから、教習所は「免許を貰う場所」でも良いんじゃない?、別にどっちでも変わらないよね…と思う人はいるかもしれません。 ですが、そういう「まぁ、いいよね」の綻びが、大きなズレに繋がります。 「場所」という単語も初めて見る生徒さん達。 「病院、スーパー、消防署…」出てくる例題で「場所?」と理解していきます。 日本手話を日本手話で教えてくれる教室です。わかったときの喜びも大きいですね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page