top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 2月15日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、国旗からスタートしました。 日本、韓国、スイス 国旗をCLで表現(空中に描く)して、手話単語を覚えます。 「今から国旗を描きます。この国旗は韓国です」と、説明しませんので、何が始まったのか、何を描いているのか、その単語が何なのか最初は全てがわかりません。 日本語で説明すれば、数秒で終わってしまうレッスンですが、大切なのは「韓国の国旗がこうで、韓国の手話はこう」という事だけでなく、自分で「何をやってるの?何を言いたいの?」を掴んでいく事ですね。 勘の良い人は、日の丸を見て「国旗」と気付き、その後に動いた手を見て「日本の手話単語?」と掴んでいきます。でも、わからない不安や緊張の中で、なかなか思い浮かばない生徒さんがほとんどです。 考えることに意味があると私は思っています。 掴もうと考える時間こそ、コミュニケーションの基礎に繋がります。 その他にもトルコ、ベトナム、中国を学びました。

最後は、イメージです。 黄色いもの バナナ、レモン、ひまわり、ひよこ、ピカチュウ、パイナップル、ドラミちゃん 赤いもの リンゴ、ポスト、血 アメリカ 自由の女神、ハンバーガー、アメフト、バスケットボール、ハリウッド 今日は、旅行で日本に来ているアメリカからの体験レッスンの生徒さんがいました。

手話は国で違いますし、日本の中でも地域によって違います。

ですが、第一言語がどこの国でも、NA花井盛彦手話教室だったら、お互いが歩み寄り「伝える」工夫ができます。大きな魅力の一つですね。

今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page