• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 2月29日(土)

こんばんは。かなへびです。 今日の【NA】入門コース。 まずはウォーミングアップ。数字からスタートです。1〜100、100〜1までを順番に表します。レッスンの回数を追うごとに皆さん、数字の表現がスムーズになってスピードもアップしています。繰り返す事って大事ですね。 その後は都道府県を勉強しました。 まず1人が空書で県名を表します。 この時ひらがなではなく漢字で表す様にします。ろう者は見たものをそのまま表現しますので、一般的に表される表記そのままを空書する事を基本にしていきましょう。漢字で表されるものは漢字、ひらがなのものはひらがな、カタカナのものはカタカナで空書します。 みんなが県名をわかったところで手話の表現を教えてもらいます。 神奈川から始まり北海道→石川→埼玉→秋田→→三重→大分→宮城。 1レッスンで47都道府県全てを勉強。最後は花井先生の表す県の手話を挙手して空書で答えました。1人3個正解するまでで早い者勝ちです。花井先生がそんな県ないってものも表現するので要注意!お手つきは減点です。皆んなで必死に手を挙げて答えていきました。 今日のレッスンでは都道府県の手話表現を覚える事はもちろん、空書の表し方や読み取りが知らず知らずに上達して行く事を実感しました。相手がわからない時に自然に「全部で漢字3文字。3文字目OK?1文字目は?」など質問したり、1つの漢字を分解して説明したりと工夫して伝えていきます。説明される方も何処がわからないかをしっかり伝える事が出来ていました。 空書は人によって書き順が違う場合もありますし、利き手によっても見え方が変わります。読み取りも難しいですが、表し方にも注意が必要です。一文字が大きすぎたり、行書のように流して書いてしまうとわかりにくくなってしまいますね。お互いに相手の足りない部分を想像して伝えあっていきましょう。 覚える事がたくさんで頭が一杯一杯ですがとても楽しいレッスンでした。 皆さんお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!