• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 2月5日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、 誕生日いつ?からスタートです。 自然な会話をしていきます。 次は星座です。 その単語が「星」だと気付かないと「星座」の話をしているとわかりにくいですよね。 ですが、わかっている生徒さんから振っていくので「蟹」「水瓶」「獅子」とくると「星座かな?」と気付きますので、安心してくださいね。 干支も同じですね。 「龍」「ネズミ」「牛」「酉」 もし、この時点でもピンときていなければ「今年、2021、牛。去年、2020、なに?」と質問します。そこで「ネズミ」と答えられれば「理解した」事がわかりますね。 NA花井盛彦手話教室では、生徒さん同士、知っている人が知らない人に教える場面がどのクラスにもあります。 また、一つの単語をテーマにし、少人数のグループワークをしたりもします。 入門クラスも含めて、全てが音声、板書、通訳なしで進んでいくので、初めての生徒さんや、体験レッスンを考えている生徒さんは、その説明を聞いてビックリする人も多いです。 【習うより慣れよ】は本当にそうだと思います。 「教えてもらっていないからわからない」なんて言っている場合ではなく、今この場で色んな事を吸収できるレッスンです。 また【虎穴に入らずんば虎児を得ず】の様に、楽して学習成果が上がる事はあり得ないと思っています。 考えたり、悩んだり、焦ったり、自分だけわからなくて恥ずかしかったり…。アクティブラーニングを積極的に取り入れ、最初から音声なしのレッスンは、楽しいだけではなく、厳しい事もたくさんあります。でも、みんな一緒です。頑張った人が味わえる達成感や本当の意味での楽しみがたくさんあります。 最後に趣味は何?と質問の練習です。 答えが2つある場合は、指を二本(横のほうが綺麗で見えやすいです)出し、「1つ目は水泳、2つ目は手話」と、答えましょう。 一人の生徒さんから「1つ目は水泳、2つ目はサーフィン(ボードに乗って手で水をかいている単語で表現)、3つ目はマラソン…」と答えがありました。 会話の相手の生徒さんは2つ目も水泳?と疑問に思った様で、「2つ目は、…泳ぐ?」と質問。 質問を受けて「ううん。2つ目は…」サーフボードを表現し、お互いが通じます。 疑問に思う事を質問するのは、凄く良いですよね。 そして「2つ目はなに?」と相手任せに質問をしてしまうケースが多くありますが、そうではなく「2つ目は、私には泳ぐと見えたけど、合ってる?(1つ目も泳ぐだよね?)」と、具体的に自分の疑問点を伝える事で、とても会話がスムーズで楽しく進んでいきます。 この生徒さん。1人は10月、1人は11月から手話を習い始めたばかり。NA花井盛彦手話教室では上達が早いのは本当ですね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示