top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 3月11日(土)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、実家に帰省している生徒さんの甥っ子ちゃんの話からスタートしました。 眠いのか、カメラの前で無抵抗の甥っ子ちゃん。 「〇〇さんは、大人しくて楽(親が)な子だった?オテンバだった?」 「楽」という単語をわからない生徒さんに説明していきます。 「2〜3語で簡単にね」と花井先生に言われて奮闘します。 「ショートヘアは洗髪が楽」 「全自動洗濯機は楽」 「メガネをかけると花粉で目が痒いのが楽」 「カバンは小さいと楽」 カバンは小さいと楽な時もあれば、大きい方が楽な時がありますね。 小さいと持つのは楽、大きいと何でも入って楽、と一語を追加していきます。

「望遠レンズのついたカメラより、スマホは楽」 これも、気軽に綺麗な写真を撮れるスマホは楽ですが、スピードの速い鳥や、連射した中から選ぶときなど、本格的なカメラの方が楽な時もあります。 「楽」と感じるのは、人によって微妙に違ったり、用途やシチュエーションによっても違います。 それを少ない単語で簡潔に説明するのは難しいですが、端的に話すコツを掴むと、コミュニケーションはもっと楽しく、しっかりとしたものになりますね。 電子決済は楽だけど、盗難の被害や使い過ぎ等を考えると心理的には楽じゃなかったり、色んなケースを話しました。 ニコニコ可愛い2歳の甥っ子ちゃんは、すでに「ありがとう」の手話をマスターしており、みんなに「可愛い〜」と言われると「ありがとう」と答えていて、全員が笑顔になりました。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page