top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 3月21日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、「2本の指」を使った手話単語からスタートです。 まず、先生から指名された2人〜3人グループに分かれます。 隣同士ではなく、離れた席同士との組み合わせでも、日本手話なら回りの会話も気になりません。 「ずるい」 ケーキをカットしてみんなに配りますが、明らかに自分だけ大きい。 テストで隣の人の解答を見て自分の解答を書く。 単語を知らない生徒さんに、知っている生徒さんが例題を出しますが、簡潔に色んな例題を出します。1つ目の例題で通じず「他は…」と2つ目の例題を示しますが、「他」の単語よりも、「(一つ目は)置いておいて」と説明するほうが、伝わるよとアドバイスをもらいます。

「高校」 最初「男、女。男を指差し、学ラン(詰め襟を表現)」と表現しました。 男、女の時点で「学校」を連想せずに他の事を連想させてしまう可能性があるのと、今は高校生はブレザーが主流で学ランは中学までが多いそうなので、なかなか伝わりません。 教室の様子(教師が立っていて、生徒たちが机に座っている)や、小学生1〜6、中学生1〜3、高校1〜3と学年を示したり、年齢を表現するとわかりやすいかもしれませんね。 その他にボランティア、ガス、鉄、ソフトバンク、大阪、ダンスを学びました。 最後はフリートークです。 年齢も手話学習歴もバラバラの生徒さんたち。 ですが、一方通行にならずに全員が盛り上がっています。 今期の月曜日は今日で終了です。

今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page