top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 3月4日(土)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、主要な駅からスタートです。 「品川」のイメージは? 新幹線、サラリーマン、水族館、ホテル ホテルの単語を知らない人に説明しました。 旅行(旅行の単語の代わりにスーツケースを表現)、鍵を開けて、寝る 花井先生が説明するホテルは、車からポーターがスーツケースを運んでくれて、礼儀正しく待つフロントで会話をし、エレベーターに乗って、カードキーをピッとドアにかざし、開けたらそのカードキーを壁に差し込み、部屋の電気が点きました。 一連の流れを表現するだけで、難しい単語は一切使っていないので全員に伝わりました。 「新宿」 高速バスや各路線がたくさん入って大きな駅の構造が出ましたが、東京駅も似た感じなので、それが新宿!と決定打になるものがありません。大きな駅は何でもあるからこそ、難しいですね。 駅構内だけでなく、歌舞伎町やホスト、新宿二丁目等も出て、全員が理解できました。

「渋谷」 渋谷といえば「犬」ですね。ハチ公や109が出ました。 「池袋」 駅を出ると鳥のマスコットがある。私は池袋にあまり行ったことがないので、ゆるキャラかな?と思いましたが、生徒さんの顔が無表情だったため、ゆるキャラにしては違和感があり検索してみました。 「いけふくろう」というリアルな銅像前が待ち合わせスポットなんですね。このことか!とすぐにわかりました。 言語を学び、相手とコミュニケーションをとる上で大切なのは、お互いが歩み寄る事。 「詳しくないから知らない」「行ったことない」ではなく、「新宿はこういうイメージがあるけど、違う?」と、積極性を持つことを求められます。 この経験は、手話のシーンだけに限らず、対人や人生の中で自分の為になりますね。 自分を今よりもっと成長させるためには、NA花井盛彦手話教室はピッタリです。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page