• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 4月17日(土)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、数字からスタート。 数字を1から順に一人づつ表現し、次の相手を指名します。 「1、〇〇さん」  「はい!2、〇〇さん」 名前を呼んだり、答えたりする事でお互い向き合い、一体感が生まれますね。 次は空書した単語を読み取り、イメージで答えていきます。その後、手話表現を教えてもらいます。 「砂糖」 コーヒーに入れる仕草や、ケーキ作りに入れる仕草をします。 手話では、指を曲げてしまうと「辛い」になってしまうので注意しましょう 「トイレ」 指で作った人が座り「ホッ」。 何にホッとしているのか曖昧ですし、「ホッとする」という単語を知らない人もいます。 トイレットペーパーを巻き取る動作をつけるとわかりやすいですね。 「星座」 みんなは何座?一人づつ聞いていきます。手話単語がわからなくても、「双子座→二人」「乙女座→小指」「水瓶座→瓶」等、工夫して伝えていきましょう。 次は「二本指の表現」です。 さっきの「ホッとする」もそうですね。 他にも「絶縁」「泳ぐ」「ダイビング」「登山」「ズルい」等が出ました。 「ズルい」を説明していきます。 「自分だけ隠れて食べる。それを他の人に見つかる」 ズルいよりも「羨ましい」「セコい」等も当てはまってしまいます。 「大行列、フッと横から割り込みされた」 「お兄ちゃんばっかり、いつも新しい服」 だんだんと掴んでいきます。 1つの例題を出し、相手が掴めそうと感じたら、また1つ例題を出したり、1つ目の例題で相手がサッパリわからなそうだったら、全く違う例題は出さずに、1つ目の例題を違う方法で表現をしたり、相手の反応を読み取ることも求められます。 他にも、視覚から捉えたことを、的確に読み取る。 視野を広げてイメージし、工夫をする。 相手の意図を汲み取り、想像する。 どれもとても難しいですが、手話を学ぶのに必要な事が全てレッスン中に含まれています。 手話だけでなく、コミュニケーションに必要不可欠な要素が全て含まれていますね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示