top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 5月19日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、CLです。 漢字の中には、そのままその字の形を指や手を使って表す物があります。 例えば中、田、日、千、川、北… その要領で他の漢字も形を表現していきました。 谷、馬、全、合、雨、体、乃、段、手、魚、話、無、有、妹、熊、傘 バランスが崩れると読み取れないので、解答者だけでなく出題者も苦労しました。 「入」の様な、一見簡単そうに見える画数の少ない漢字も、方向を間違えると「人」や「〆」と区別がつきにくいので注意が必要です。 入口、出口の話から「ディズニーランド」の話になり、「ディズニーランドに何時間居られる?」かを答えていきました。 何時間でもOKの人は意外に少なく、2時間が限界の人まで色々でした。 漢字のCLの要領で、東京23区をCLで表現しました。 中央、北、世田谷、台東、千代田、江戸川 23区縛りなので、例えすべてが読み取れなくても、田がつく区?川がつく区?…考えるのも大切です。

NA花井盛彦手話教室では、全てのクラスやテーマの中で「考えて!」と自分で考えるチャンスをもらえます。 板書やテキスト、通訳はないので「自分で考えている事が正しかったのか?の判断はどうやってするんだろう?」と思う人もいるかもしれません。 たくさんの例題を自分で表現して、自分の力で掴んでいく、自分の持つ力を引き出してくれるレッスンは、NA花井盛彦手話教室の他にはない特徴の一つですが、私自身「自分の解釈は、思い込みになっていないかな?」と不安に思うこともありました。 ですが、「思い込む」がひとつのことを固く信じてほかの選択肢を検討しない状態であるのに対して、「考え込む」はあれこれと複数の選択肢について思考をめぐらせる事。 まさにこの教室では、「こうでなければいけない」ではなく「こうすると良い」を教えてもらえます。 最後はフリートークで盛り上がって終了でした。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page