top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 5月6日(土)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、名字に使われる漢字からスタートです。 村、尾、藤、林、近、黒、堤 藤と葡萄、近いと短いとは同じ単語ですが、「名字に使われる単語」なので、それを踏まえて答えを出しましょう。 NA花井盛彦手話教室では、出題と回答した生徒さん以外にも生徒さん同士で「わかった?OK?」と全員に確認します。 最初は微かに頷くだけの生徒さんも、徐々に笑顔でOKサインを出したり、「わからない」とわかる表情をしたり、非言語のコミュニケーションが上手になっています。 これは、読み取る方もとても勉強になりますし、手話以外でも役に立つ事の大きな一つですね。

次は4組のグループにわかれて「かたい、柔らかい」を話していきました。 機械から出したソフトクリームは柔らかいけど、コンビニのケースに入ったソフトクリームは固い(固め) 表現の仕方で、ガッチガチに固いのではなく、スプーンや歯は通るけど、指で押しても貫通しない程度の固さだとわかります。 音声で発信する「固い」では、大袈裟に言ってしまったり、ここまで詳細かつ的確に表せないかもしれません。 日本手話だと「程度」も瞬時に表せるのが面白いですね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page