top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 7月30日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、天気からスタートです。 晴れ、雨、曇り、雷、霧、竜巻、台風、雪、雹 参考書に載っている単語は一つでも、ポツポツ降る小雨から、滝のような大雨までリズム、間、表情等によって区別が必要です。 「大きい/雨」では十分に伝わらないし、つまらなく感じてしまいますね。 1(小雨)から5(大雨)までの表現を5段階で表していき、語彙力を磨きましょう。 出題する人と回答する人。だんだんお互いが合ってきて楽しくレッスンが進みます。 「今日、起きたときの天気は?」 ・曇り ・晴れ ・晴れ時々雷 ・雷と大雨 大阪や福島の天気が違うのはもちろん、今日は同じ都内でもコロコロと天気が変わるので、みんな答えが違って面白いですね。 次は「動物」です。 カバ、タカ、コアラ、蛇、ワニ、スズメ、ツバメ、鳩、サメ、カンガルー… スズメもツバメ鳩もタカも「鳥」と略してしまいたくなりますが、姿も形も全然違いますね。単語を忘れた場合には、形や姿、特徴を伝えると伝わりやすいですね。

【NA】入門(35分)クラスは、一対一のフリートークです。

やはり話題はオリンピックへ。 話の中で「インド」が出てきました。 「インド」 「…うん」 「インド…わかる?」 「わからない」 「イメージは…カレー、ターバン」 と相手の反応を見て話を中断して「わかる?」と聞くことが大切です。 その都度説明するので、かなり高い割合の内容が伝わりますね。 わからない事を「わからない」と言う事。「わかる?」と相手に適度な箇所で確認する事。当たり前の様に見えてなかなかできません。 その後はサッカーの話へ。 言語を習得するには、たくさんその言語を使うことが大切です。日本語を頭から離し、日本手話漬けの35分レッスンでした。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page