• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 8月30日(金)

こんばんは、西島です。


【NA】入門クラスは、振替の生徒さんもいましたので、自己紹介からスタートです。


名前や、手話を勉強して何年目?など、入門クラスでも難なく会話をしていきます。

自分の家の場所を、上手く伝えられずに苦戦しました。


そこで、駅名を覚えていきます。 自分の目の前に路線図があるとして、その中から場所を示し、相手が答えていきます。


入門クラスで最初に覚えるカラーパレットの位置を示すときは、カラーパレットに合わせて野球のボールを握るくらいの大きさで手の形を作りますが、路線図は大きな主要の駅だけを覚えるにしても、割りとごちゃごちゃしています。なので、パチンコ玉を持つくらいの手(実際の路線図の○ぐらい)で示さなければ、どこを指してるのかよくわかりません。


みなさん、だんだん路線図が大きくなったり、疲れて下にさがってしまいます。

手話をすると腕が細くなると言いますが、確かに…エクササイズの様に腕を上げ下げしています。エアコンガンガンでしたが「暑いっ」と上着を脱ぐ生徒さんも。


最初は「……新宿?」と時間がかかりますが、繰り返すことで目が慣れていきます。

出題する方も、だんだんブレてきちゃいます。

手話も、空書も、CLも、ロールシフトもブレると途端に見えにくくなりますので、自分の目の前をしっかりと区切って、ブレずに位置を意識する癖をつけましょう。

今回は渋谷や東京の様な主要な駅のみでしたが、主要な駅名や、その位置関係を知っておけば「渋谷から1個上の駅」「品川から東京方面に3個目」など、説明する時の幅が広がります。

指文字や空書で味気なく伝えるより、工夫して伝える楽しさを学びましょう。

伝える方法は1つじゃないですよね。

天気が不安定で蒸し暑い日が続いてますね。身体に気を付けて!

お疲れ様でした。