• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 9月10日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは、「気持ち」です。 単語を一つ出し、例題を二人であげていきます。 「心配、不安」 「テスト勉強したけど、どんどん忘れていきそうで不安」 この文章に沿って手話単語を並べてしまうと、意味はわかりますが、単語を一つでも見逃してしまうと、意味がわからなくなってしまいそうです。 「ドアの隙間からそっと覗き見。視線の先には娘さんが勉強せずにTVを見て笑ってる…心配」単語だけでなく、行動を表現しているので、皆がわかる例題ですね。 「ビックリ」 びっくり箱を表現しましたが、「箱、開けたら飛び出る、ビックリ」と淡々と表現しているため伝わりません。 表現力豊かに…は難しいですよね。 大袈裟に表現したからと言って伝わるわけではないですし、何より大袈裟は見ていても恥ずかしい…。本当にこんな時は「動画に撮って確認してみる」が良いかもしれません。 メリハリのある表現を目指していましょう。 花井先生は「ふと見たらカツラがズレてる」「寝ている間に泥棒が!」「下着泥棒がタンスを開けて…匂いを嗅いだら…ビックリするほど臭っ!」 思わずみんな笑いだします。 その他にも 「嬉しい」「楽しい」の区別や「複雑」「怖い」等も学びました。 手話上達の道は、とにかくどんどん使うこと。日本語を頭から捨てて、わかりやすくて魅力的な表現を普段から使いましょう。 今日は西島はリモートワークでした。 しかも、移動中の車(運転手ではありません)の中でスマホでレッスンに参加していました。 コロナウイルスが流行してから取り入れたリモートレッスン。花井先生のレッスンは面白いので、つい画面を見ながら笑ってしまう事もありますが、他の言語のレッスンに比べても声を出さないので、外出先でもとっても受けやすいです。 他の教室では「タブレットはダメ」とか「自宅のPCじゃなきゃダメ」みないなルールがあるところもチラホラと聞きますが、花井先生はカフェでもベンチでも、安全で迷惑のかからないところならどこでもOKです。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示