top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 9月15日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、演技、表現力やロールシフトです。

お婆さんが川で洗濯をしていたら、桃が流れてくる 一生懸命洗濯をしているお婆さんに注力してしまいますが、大切なのは目線と位置です。 自分の身体の前で洗濯をしていて、前から桃が流れてくると、お婆さんは川の中に入っている様に見えてしまいます。 川はどこからどこに流れていて、汚れ物を入れてあるカゴの中に、洗った衣類を入れては不自然ですし、一生懸命洗っているのにいきなり桃を見つけても不自然です。 川で洗濯している/桃を見つける/桃を持って帰る/ このように途切れ途切れでは演技として考えても下手ですし、手話で表現するときにも「リズムを大切に、途切れ途切れにならないで」と指導されるため通ずるものがあります。 スムーズで魅力的な表現をするためには、演技の心構えも必須ですね。

桃太郎が猿と出逢ったシーンでも、人によっては猿は木の上にいたり、地面にいたり目線でわかります。 桃太郎の歩き方で性格も読み取れたり、演技力や表現力は手話上達に本当に関係していることがわかります。 最後はフリートークで終了しました。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page