• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 1月26日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】初級クラスは「癖」です。 手話をする時の癖、みなさんあると思います。 意味なく頷きながら単語一つひとつを表現してしまったり、縦と横が間違えて覚えてしまっていたり、手が近すぎたり、離れ過ぎたり。 そんな癖を一つひとつ確認していきます。 「生活」は、L字型にした両手をくるっと体の前で回します。 体から近すぎたり、離れすぎていたり、上過ぎる、下過ぎる。まぁ、読み取れますが、何か深い意味があるのか?と考えてしまいます。 「昨日、仕事で時間がかかったよ」を一人づつ表現します。 無意識に「昨日」を2回指を動かしていたり、「仕事」が指先を向かい合わせずに小指側を向かい合わせていたり、「時間がかかった」は、12の位置と6の位置に置いた手を時計回りに動かしますが、行き過ぎてしまったり…。 「日本の家は技術が凄い。地震でも壊れない」 「壊れない」は手の動かし方がブレると「頑丈」なイメージが持てなくなってしまいます。 意外に綺麗に表現できていない事がわかります。 私は、「治る」を倒しすぎてしまったり、「飛行機」を墜落させてしまったり、適当に手を動かしてしまう癖があります。治さないと恥ずかしいですね。 NA花井盛彦手話教室では、手話動画の自撮りを推奨しています。最初は恥ずかしいですが、意外な自分の癖を知る事ができるかもしれません。 癖は相手に誤解を与えやすく、ズレの原因にもなります。 綺麗で正しい表現を目指していきたいですね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示