top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 10月11日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】初級クラスは、「のんき、頭がからっぽ、考えていない、気にしない」と「考える、必要ない(気にしない)」です。

どちらにも「気にしない」という意味がありますし、のんきを日本語辞典で調べると「物事をあまり気にせず気楽なこと」とありますので「この2つの単語の意味は同じ」と教えている教室もある様です。 確かに、日本語に当てはめて考えると同じ意味になってしまいますね。 ですが、日本手話にすると使うシチュエーションは違います。 日本人は小雨でも傘をさすけど、海外ではささない人が多い(のんき) 歩いていて肩が当たった。「すみません!」「気にしないで!」(考える、必要ない) 「世田谷一家○害事件」の犯人は、犯行後のんきにアイス食べてから逃げたらしい 宿題忘れちゃった… カワイイ高校生の生徒さんに言われると「気にしないで平気!」と言いたくなっちゃいました。 上手く文章にするのは難しいですが、区別としては「考えていない」と「考えなくていい」の違いが一番大きいかもしれません。 例えば、「宿題忘れたけどまぁ、いいか」と思っていれば「のんき、考えていない」の方が当てはまりますし、「宿題忘れました」と申し訳無さそうに申告して「今度でいいよ」の場合は「気にしないで」が合いますね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page