top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 10月24日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】初級クラスは、仕事の話になりました。 本の関連の仕事をしている生徒さん。

「(希望したジャンルの部署でなくても)本の仕事は面白い」 そのまま日本語を手話にすると、「面白い」のところで「漫画?」「笑っちゃうの?」と解釈してしまうかもしれません。 「魅力」「楽しい」「満足」他に合う語句を探して、ズレを防いでいきたいですね。 店員とお客さんのデモンストレーションをしました。 パソコンについての専門書を探しています。 「(これを読むと)パソコンが早くなる」 「なるほど〜」 「早い」の意味が曖昧と指摘を受けます。 ブラインドタッチが早くなるのか?計算等の時間が短縮されるのか? 意味は色々。「早いって何が?」が気になると、深い会話ができますね。 その後は家電の店員とお客さんで「冷蔵庫」を購入しました。 度々、話題になりますが、ろう者が自分の職場にお客様でいらした時や、同じ職場で働くときなど、「挨拶だけでもできると凄く喜んでくれる」と聞きます。 私も海外に行って一生懸命「アリガトウゴザイマス」と言ってもらえると嬉しいですし、その気持ちに感謝ですよね。 そこにニコっと笑ったり、その言葉に適した表情や仕草、行動があったら尚、嬉しいです。 NA花井盛彦手話教室では、その当たり前に見えてできていないコミュニケーション時の表情や仕草等も学べます。 「いつも怒ってる」「今日も不機嫌」と怒ってなくても言われ続けていた人もNA花井盛彦手話教室での手話学習後「接しやすくなった」とまわりの評価もあがったそうです。 手話以外にも役に立ちますね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page