top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 11月11日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。 今日の【NA】初級クラスは「行く」です。 「行く、好き」で「行きたい」 「行く、大丈夫」で「行ける」 「行く、必要」で「行かなきゃ」 「行く、難しい」で「行けない」 「行く、断る」で「行かない」

他にも、「行く」の表現の仕方を変えて「行け!」や「行きなさい」など、様々な言い方を学びました。 他の教室だと板書が多いと思いますが、NA花井盛彦手話教室では、全て手話のみでやり取りをしています。 「ハァ…、仕事行かなきゃ」 「お母さんが子供を起こします。起きて学校行きなさい!」 「今日、夜空いてる?飲みに行かない?→うん!行ける!」 他にも「行かない?」と誘い、返答は自分の気持ちを合わせて表現をする練習です。 例えば 「温泉一緒に行かない?」→「(温泉大好き!)行きたい」 「面白いお化け屋敷があるんだけど行かない?」→「(怖いの嫌い!絶対嫌!)行かない」 「(気が乗らないなぁ…)行かない」 同じ単語でも、表現の仕方でたくさんの意味にとれます。 日本手話は語彙力が必須です。 NA花井盛彦手話教室のレッスンを見ていると、当たり前ですが、手話は言語なんだなとしみじみ思います。 レッスン中も、表現する時には自分の考えや気持ちをきちんと出します。 以前、サークルで知り合った手話学習者から「手話は感情を入れてはいけないと習った」と聞きました。 手話通訳が、本人の気持ちとは別の「自分のみの感情」を入れるのはいけませんが 、手話は感情を豊かに表現できる言語ですよね。 なので、ろう者からは「通訳が自分と同じテンションで通訳してくれない」という悩みもよく聞きます。 難しいですが、自然で豊かな表現を目指せる教室です。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page