top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 11月18日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】初級クラスは、語彙です。 テーマは「見る」。 「見たい(見る+好き)」→(例題として)TVを見たい 「見たくない(見る+嫌い)」→私、太っちゃって鏡を見たくない(太った、私、鏡、見る、嫌い)。 最初「太った、見たくない」と表現し「誰が?何を?」と混乱してしまいました。 「見てOK(見る+OK(大丈夫)」→試合、一時間なら見ていいよ 「見れない(見る+パー)」→DVDが壊れてて、見れない 「見れない(見る+パパパパ)」→今夜、雲が出そうで月は見れないかもなぁ 「パー」は、すぼめた指先を下に降ろすと同時に開きます。 「パパパパ」は、指先を何度も細かく開きます。 他にも「目が泳ぐ」「ギロッと見る」「舐めるように見る」など、たくさん出ました。 「見る」にもたくさんの状況や方法があるのを学びました。そして大切なのは、それをどのように使うかも学べる事です。 「○日間で手話が喋れる」という広告を見た事があります。 実際に、学んで間もない(2ヶ月くらい?)生徒さんが、喋っている動画を拝見しました。 どんな例文だったか忘れてしまいましたので、適当に誕生日の例文を書きます。 「あなたの誕生日はいつですか?」と書かれたプレートを出されて「あなた、誕生日、いつ?」と手話で表現するのですが、単語を思い出すためか、目は右上を見ていて、口で喋りながら「あなた……誕生……日」とリズムも・・・。 「手話が喋れる」ではなく「手話単語を覚えられる」だったら凄いのかもしれませんね。 本気で日本手話を習得したい。日本手話を通じて何かを掴みたい。そんな人は、ぜひ一度体験してみてください。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

0件のコメント

Comments


bottom of page