• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 12月11日(水)

最終更新: 2019年12月26日

こんばんは、西島です。

今日の【NA】初級クラスは「オーバー」の表現を使い、会話のキャッチボールや反応の練習です。

話をしていて、ビックリして突っ込みたくなるような時、手話で何と表現して良いのかわからず、ありがちなのが、絶句してしまうか「え?本当?」「ビックリ」が多いのではないでしょうか?今日のレッスンで語彙力を上げていきます。

★「女性が30歳で男性が45歳」 →「オーバー!」と思いっきり反応したかったのですが「ん?そんなに離れてないか?」と悩みます。そんなときは小振りに表現するとわかりやすいですね。

★「ケーキ10個食べた」 →「オーバー」 そのあとに「本当?」と聞かれ「ウソ!だって太るから嫌だ」と100キロくらいありそうなお腹回りの表現をしました。「ケーキ10個でそんなにならないよ!それこそオーバーだよ」と突っ込まれます。

★「この服、盗んだものなの」→すかさず花井先生が警察に電話するフリを…みんな大爆笑です。


次は、他の「突っ込みかた(反応の仕方)」の練習です。

片手を挙げます「そんなわけないでしょ!」「あり得ない」みたいなニュアンスです。

反応の練習になるのはもちろん、話をする人も「あり得ない実話」や「信憑性の高い作り話」を考えて、飽きさせずに伝えるかが課題です。


上手く伝わると、反応する側も今の話にはどの反応が合うのか?自然と体が動きます。

単語や日本語にこだわり過ぎてしまうと、上手く伝わりません。


難しいですが、ありふれた例文や、あまり使わない日常会話を学ぶより、実践的ですね。

爆笑しながらのレッスン、今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!

《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!