• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 3月14日(土)

こんばんは。かなへびです。


今日の【NA】初級コース。

テーマは「ロールシフト」です。

言葉は知っていますが・・何か曖昧です。日本語では友人などとの会話を後で人に説明する時、自分中心で話をします。相手になりきって話す事はまずないですよね。でも手話の場合には文法としてあるようです。

2人の会話、その時の情景そのままを1人2役で再現しているような感じでしょうか?


内容はなんでもいいのですが、短くまとめて4、5個のやりとりを表現する様に指示されます。


「バスケでデフェンスとオフェンスを使い分けながらゴールする様子。」

「泥棒が家に!住人に見つかって慌てて逃げる様子。」

「電車に乗って座っていると前に立っている人が鼻をいじっていてゴミが膝の上に落ちた!」というような様子。

どうしても状況を手話で説明してしまいますが、状況の説明は最低限にし、CLやNMSを使って表現していきましょう。


難しいテーマでなかなか流れが浮かんできませんが、花井先生が昔話のシンデレラや白雪姫、アニメなどの登場人物を例にしてどんどん表現していってくださいます。表すのは人である必要はありません。動物同士の喧嘩の様子も表現出来ます。

求められている事はわかりますが、いざ表現するとなると・・・

演技とは違うので体を大きく動かさずに目線と表情を上手に使って表現するように、手話単語に拘らずに簡潔にまとめるようにと指導されました。


花井先生が表現するとその時の状況を一瞬で理解出来ます。そして見ていると手話の魅力にどんどんハマっていってしまいます。


帰り道に自宅でどう練習したら上手になるかな?やっぱり表現を録画してそれを見ながら修正していくのが効果的なのかな?なんて考えました。

考えているだけじゃダメですけどね。ちょっとづつでも頑張ります。


皆さんお疲れ様でした。


NA花井盛彦手話教室、4月~6月期の体験レッスン受付中!

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!