• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 3月4日(水)

こんばんは、西島です。


今日の【NA】初級クラスは体験レッスンの方をお迎えしてのスタートです。

空書で表し、そのあとで手話で表現します。ベテランの多い初級クラス。

手話歴が長いからこそ変な癖がついてしまったり、違う様に覚えていても何となくわかるから…と、誰も指摘しなかったりがありますよね。

空書の時にフニャッとしてしまう手首や、文字のバランス、単語の方向など、癖を1から直していきます。


次はイメージした身振り手振りで相手に伝えていきます。

「無視」 視線に見立てた二本の指を向かい合わせ、片方がプイッと横を向きます。相手に見立てた指が無視する時は「無視、悲しい、自分(を指す)」自分が無視した場合は、相手(に見立てた指)を指します。

日本手話は方向1つで意味が違ってくるので、方向を気にせずに単語を並べるだけだと、無視しておいて自分が悲しい??悲しいのは誰?と、ごちゃごちゃになるので、注意が必要です。

一連を一人づつ表現し、方向や表情などを修正していきます。 無視された時も、ビックリした後に悲しくなるとリアルですし、その時の情景が目に見えるように伝わります。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!