top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 4月12日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】初級クラスは、CLからスタートです。 今、履いているズボンの形や 高校時代の制服を表現しました。 言葉だけで「ブレザー」「セーラー服」よりも、スカートの丈、プリーツの感じ、柄はあるか?、ネクタイ?リボン?と細かく伝えられました。 次は、犬や猫についての会話をしていきます。 「ペット飼ってる?」 「うん。犬」 「犬、好き?」 「うん。」 「何匹?」 「一匹」 「大きい?」 「5キロ」 「色は?」 会話は続いていますが、一問一答になってしまっていて、犬の全体が見えず、傍で見ている人も、どんな犬なのかの想像がしにくいです。

次は、ワンちゃんを飼っている生徒さんと花井先生の会話です。 「大きい?」 「このくらい(手で表現)5キロあるの」 「耳は立ってる?」 「立ってる時と、寝てる時がある。片方だけ立ってたり」 「起きたらピーンと立つ?」 「そうそう。あと、音がした時とか」 「毛並みは?フサフサ?」 「短い(2ミリくらい)」 「寒そう!」 「そうなの。だから洋服着てる」 見ている人も頭の中で想像して共有できます。 「うちは猫!大きくて5キロある」 「えっ!うちの犬と同じ。走ったりできる?」 「うん。階段も素早く登れるよ」 You Tubeで身体能力が高い猫の動画を見たことがあるそうで、だんだん高くなっていく、天井付近に取り付けたおもちゃを、垂直跳び、壁伝いに駆け上がる、三角跳びと計算して取りに行く猫の話になりました。ここでもCLだと鮮明に思い浮かべられます。 参考書等で調べられる単語(固定語彙)は2000〜4000語だそうですが、広辞苑に載っている日本語は25万語、個人差はありますが、日常の話し言葉では10万語くらいがあるそうです。 手話単語だけだと、どうしたって太刀打ちできませんが、CLやNMMを合わせると、話し言葉よりももっと詳細な語彙力を身につけることも可能です。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page