top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 4月17日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】初級クラスはフリートークでした。 学校での喧嘩についての話になりました。 難聴だけのクラスとろう者クラス。 それぞれの聞こえ具合や手話ができる、できないで喧嘩に。  他にも、折った割り箸を鼻の中に入れられ、グンッと押されて大怪我があったそうです。 見ているだけで(痛そうで)震え上がります。 他にも「チャイムの押し方」の話や、悪魔、ミッキーが悪い人に見える話などで盛り上がりました。 色んな話題に「なんで?」と考える好奇心や考察力、想像力は一見関係なさそうですが、手話上達の大きな一歩です。

また、色んな話題の中には興味のないこともあると思います。 知らない、詳しくないから話に入らなかった、という経験は誰しもあると思います。 自分が興味のあることというのは、今後の人生に有効な事だったり、単純に楽しい、気持ちいいと思うものを選んでいますよね。 意識的にやってみようと思わなくても始めること、知ることが多いと思います。 自分が「興味ない」と感じるものは、わざわざ自発的に行動に出ることはないと思います。 意識的に「これをやろう」と自分を仕向ける必要があります。 やってみると実は面白かったりすることもあるし、予想通り全然つまらなかったとしても、もはや「興味がない、知らない」という次元からは抜け出しています。 他者との間には、自分の知らない事がたくさんあります。 無理に話を合わせるのではなく、知らないからこその質問や疑問は、自分の知識を広げるだけでなく、相手は曖昧な部分も修正できます。 手話を通して、今まで知らなかった世界を知ったり、視野を広げる事は、人生にも役に立ちますね。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page