• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 8月3日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日のオンライン【NA】初級クラスは、二人一組で質問タイムです。

はじめましての方もいましたので、皆さん「仕事何?」が気になる様です。その後に仕事はコロナの影響を受けているか、リモート?など聞いていきます。せっかくなので「あなたは?」等、聞き返したり差し支えのない範囲で詳しく話せると、手話だけでなく、色々な学びや気付きが生まれますね。 その後は、両手人差し指を弾く様にこめかみの脇で離す表現です。意味はアイデア、ひらめき、ひらめく。 「そうだ!」みたいな時に使います。 「コロナで客足が減って経営が不安定に…そうだ!マスクを作って売ろう」など、エピソードを考えていきます。 次は「目が点」です。両人差し指で目を指します。 同じ様なニュアンスでは「ビックリ」がありますが、目が飛び出る様子や、身体が飛び上がる様子を主に使う人が多いかと思います。 その時の心情等を考慮して使い分ける語彙力を身に着けたいですね。 「電車で化粧している人が、出来上がったら別人」まさに「目が点」になりますね。良いエピソードですが、足りません。 淡々と手を動かすのではなく、表情やリズムに注意して再チャレンジします。 同じ意味でも色んな表現があったり、逆に同じ表現でも色んな意味があったりします。その時の状況に合った言葉の選択をしていくのは、日本手話の奥深さや楽しみの一つですね。

今日もお疲れ様でした。


読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^