top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【コミュニケーション】基礎 10月11日(火)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【コミュニケーション】基礎クラスは、フリートークです。 三人一組で会話をしていきます。 フリートークなので、どんな内容でも構いません。 コミュニケーション基礎クラスは、ベテランさんも、初心者さんも幅広い手話レベルや年代の生徒さんが多いので、相手の手話レベルに合わせた会話が必要です。 初心者さんも、ベテランさんに丸投げせずに会話を進めていきます。 手話学習が初めての、体験レッスンの生徒さんがいるグループは、色んな「動物」を挙げていきました。 犬、猫、ウサギ、リス、ハムスター、ペンギン、イルカ、蛇、馬、鯉羊、カブトムシ、キリン、サル、ゴリラ、カエル、クジャク、ワニ…。 手話単語で伝わらなかったらCLで形を表したり、特徴を身振り手振りで伝えたり、工夫をすることが大切ですね。 他のグループで、「残念」の手話はどうやるんだろう?と話になりました。左手の手の平に、右手の拳を打ち付けますが、回数やリズム、表情、文脈で「惜しい」と区別が必要です。 「残念がっている」事は、単語以外でも伝えられます。 手話単語を忘れてしまった時、その文脈に合わせた表情や間で表現できると良いですよね。 手話学習を始めて間もない生徒さん達が、本当にフリートークで盛り上がれるのか?きっとNA花井盛彦手話教室を知らない人は疑問に思うと思います。 相手に合わせて、初心者さんでもわかりやすい工夫をし、聞くときの姿勢や言いたいことを導くテクニックは、花井講師の指導の元、学んだ生徒さんには身に付いている事が多いです。手話以外でも役に立つコミュニケーションスキルですね。

最後は全員で「動物」の話題です。 「カタツムリ(手話で)わかる?」 「わかるよ」 他の手話教室だと、ここで終了だと思いますが、生徒さんは 「わかるよ、雨の日(に関連してる)」こう答えてくれるので、「本当に伝わってる」事がすぐにわかります。 伝わってる事がわかると、楽しいのはもちろん、安心します。 聞き上手はプライベートはもちろん、仕事でも、育児でも、絶対に役に立ちますよね。 最後は今日話題にあがった動物を使って「どっちが好き?」を聞いていきます。 ハムスターとウサギ、サルとゴリラ、ペンギンとラッコ 絶妙な2つを選ぶことがポイントですね。 最後まで盛り上がり、終了です。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page