​発表会から学ぶこと

#8 探究力

 

手話教室の発表会がもうすぐだ。
今、生徒さんは練習に一生懸命励んでるよ。

オレ、今までに想像力・理解力・表現力…など話をしてきたよね。
今回は『探究力』の大切さだ。

この単語だけ見ると、確かに難しい言葉だよね。
探究力とは、物事に興味をもち追及する心、つまり探究心につながる言葉だ。
人が向上するための力であり、言うならば、理解し探究する力だ。

発表会は、テーマや内容について相談し、ストーリーや配役を決め、練習し発表する…。
しかしただそれだけでは、良いものとはいえないんだ。

テーマを決め、配役が決まると、みんなストーリーに固執しこだわりすぎる傾向があるんだよ。

ここで大切なことは、ストーリーにこだわるのではなくて、

ろうの気持ちや性格、考え方、その人生や環境、背景などを想像し考えてほしいんだ。
役が決まれば、はいそれで終わりじゃなくて、それについて深く調べて、探究してほしいんだよ。
その探究力、それこそが勉強なんだよ。

手話を勉強する上での基本、昔の状況、現在の状況、未来でと変わっていくことや、

ろうだけじゃなく、健聴、難聴、コーダと様々なので、そこを想像し探究し理解することが大切だよ。

深く探究し学び、そういった背景などを理解することで、

実際にろうと会ったときに、気持ちを理解することが出来ると思うよ。
基本を習得することで深いコミュニケーションができ、自然でスムーズにろうと付き合うことが出来るよ。

健聴の人達が手話を学ぶ時に、つい声に頼ってしまうことって、多々あるよね。
そうやって学んでいるうちは、なかなか手話を習得できないよ。
それだと、ろうと会話したときにズレが生じるのは当たり前だよ。
結局は、ろうが健聴に合わせ話しをすることになる。
本当は話したいこともたくさんあるけど、100%の話も10~30%くらいでしか言えずにいる。

本当はたくさん話したいのにだ。
でも実際には伝わらないから、話したいことを言えず我慢していることって、いっぱいあるんだ。

それは、ろうにとってはやっぱり不満に思うことだよ。

基本が理解していないと、深い部分でのコミュニケーションはなかなかできないよ。

表面的な部分では通じていると思いこんでいても、ズレが生じる。
実際は奥の深い部分で、食い違っていることって、本当に多いんだよ。

基本の勉強をしっかりすることが大切なんだ。
ろうと交流するだけでかまわないじゃなくて、健聴の考え方、ろうの考え方や背景、環境など、

そういうことについても学んで欲しい。

以前、韓国の手話と日本の手話は、70%くらい似ていると言われていたけど、実際は違うんだよ。
韓国の人と会話してなんとなく通じてると思いこんでいたけど、

後で勉強したら違っていたことにショックを受けたりする。
読み取っていたことが、実は違っているとか、誤解したままということって結構あるんだよね。

例えば、日本の手話で『くだらない』という表現は、韓国では『信じる』っていう意味なんだよ。
全く同じ表現でも意味が違ったりするんだ。似てると言われていたけど、70%どころか20%以下だよ。
そういう誤解や思い込みも多いのだろうね。

それと同じでろうと健聴にも同じことが言えると思うよ。
なんとなく表面的には通じてるように思いこんでいても、実際には通じてなかったとか、誤解したままのことって、

結構多いんだよ。

ろう、健聴に関係なく基本の勉強って必要なんだよね。
ろうだって、日本語や手話も勉強し磨くことも大切なんだよ。

基本を覚えたら、次は応用の発表だ。
発表会は、みんなで一緒に考え案を出しあい、工夫し、自分の力を全部出しきる場だ。
自分がわからない世界の事でも、それぞれにアイディアを出しあうことで、

へーなるほどと発見し気がつくことがいっぱいあるんだよ。
基本、応用の次は実感だよ。
ここで言う実感とは、ろうと実際に出会い深くコミュニケーションができるということ。

通訳ならば技術だけじゃなく、ろうの気持ちなどの表現もしてほしい。

 

探究することは、難しいけれど、それは楽しみにもつながるよね。

興味を持ち、好奇心にかられるということはとても大事なことだよ。
好奇心を持つことで、探究力もアップするんだ。

苦手だから、わからない、できないではなく、なんでも挑戦してみるのがいい。
それこそが向上につながるんだよ。

失敗してもかまわないよ、勉強の場なんだから。
失敗を重ねてもいい、その経験がかならず成功につながるんだよ。

発表会にむけて、生徒さんたちみんな頑張れ!


応援しているよ。